そろばんが今、究極の右脳開発と再注目されています!

記憶力だけでも左脳の数千倍あるといわれている右脳。「珠算式暗算」は頭のなかにそろばんをイメージできるようになるため記憶力、集中力を高めるといった効果とともに、右脳開発にも大きな効果があるといわれています。

また、脳は”容量”によって、その基礎能力に差が生まれるそうです。低年齢のうちに能力開発を行なうことで、〝容量”を増やすことが出来ると言われています。

そろばん学習でこんなことが身につきます!

そろばんで高い計算力が養われます。珠算式暗算を習得できると、大きな数の計算も自分の頭のなかで早く計算ができます。なかには5ケタの計算が出来る生徒さんも!他にも下記のようなことが身につきます。

​集中力

そろばん学習は限られた時間内でどれだけ多く、正確に計算できるかです。自分に合った課題に精一杯に取り組むのでどの子もそれを苦痛と感じないほどの集中力が身につきます。

忍耐力
そろばん2

そろばんはミスとの闘い。目標達成するためにコツコツと努力を継続する力を育てます。検定に落ちて落ち込むこともありますが、そこで立ち直って前に向いていくことも大きな成長の一つです。

記憶力

視覚的にとらえた情報を記憶して処理をするそろばんは、右脳の働きを活発にし、記憶力が高まります。

創造力

右脳の活性化が豊かな創造力やひらめき力を引き出します。

​判断力

問題を見る、それを指で珠に置き換え、その珠の位置を目で確認する。一つでもミスをすれば正確な答えは出ません。そろばんは「正確な判断」を素早くできるようにする訓練になります。

競争力

検定試験、競技会を通じて本番で試される厳しさが、子どものたくましさを育てます。他者と競い合いながら、互いに刺激しあい高めあう環境が教室で体験できます。

​自信

​あきらめず乗り越えていく力を育む。自分の力で乗り越えていくことで「やれば出来る」という自信が身につきます。